今を生きる

ありふれた今を、思いのままに

私との卒団

本日は

 
2018
紅黒軍団
 
卒団式
毎年の恒例行事
 
あまり深くは
考えていませんでした
 
なぜだか
 
あの頃の
卒団生たちが
 
ひとり
 
また一人と
姿を現した
 
今日という日
聞けば
 
私が
私として
 
最後の卒団式
 
だということを
小耳に挟み
 
集まってくれたとのこと
めったにないんですけどね
 
久しぶりに
涙腺が緩んだ日
 
振り返ると
 
いつも
お気遣いを頂いてばかり
 
お声掛け
ありがとうございました
 
私は
私の卒団生たちを
 
教え子
 
だなんて
思ったりしていませんし
 
呼んだりもしていません
 
逆に
教えてもらったことばかり
 
私の
 
間違いや失敗を
包み込んでくれたのが
 
私の卒団生たち
 
いつまでも
かわいいかわいい
 
卒団生たちです
あんたらなにしてんのよ...苦笑
 
帰宅後
 
さらに
玄関先でサプライズが
涙腺が
崩壊しかけた日
 
あの頃は余裕がなくて
今になってしまった
 
そうおっしゃっていましたが
 
未曽有の大震災で
大きく傷付いた心
 
女手一つで
 
余裕
なんかあるはずもなく
 
駆け抜け続けて
今があるはずです
 
こんな若造を
 
ずっと
気にかけて頂きました
 
本当にありがとうございます
 
あっ
半分もらいかけましたが
 
花束は
私でなく
 
ママちゃんにだそうで...苦笑
 
あんたらは
早く帰って勉強しなさいよ...
私が
私として迎えた
 
紅黒最後の
 
卒団式
 
あらためて
卒団生の皆さん
 
保護者の皆さん
指導者の皆さんに恵まれて
 
感謝が尽きません
お気遣い
お心遣い
 
本当にありがとうございました